FC2ブログ
プロフィール

Kimmy!

Author:Kimmy!
モダンだけれど懐かしさを感じるインテリアが好き
海外インテリア、映画、海外ドラマ、俳優さんや芸人さんなどなどが好きで
追っかけで唐突にお出かけ気味
好きな人がいすぎる傾向にあります
英語勉強中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村




Have a cozy and comfy day.

* check me out! *
楽天使うなら絶対お得です☆
* ranking *
[ジャンルランキング]
ライフ
3835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
インテリア・雑貨
898位
アクセスランキングを見る>>
* are you interested in? *
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
10月に観たもの
Category: 娯楽・憧れの人  
10月。秋も深まって来て、私は「ちょいコワイ」「気味悪い」ものが観たい欲が
出てきたようです。
選んだ映画たちはこちら。面白かった順に並べてみました。
そして、あらすじも予告を観ていただいた方が期待がわくかなと思って動画を貼って
見ましたが・・・これって重くなっちゃうのかな?><;大丈夫かな?
Amazonはレビューが多いものを貼っています。観てからレビュー観るの面白いからね~
またまた勝手にご紹介だよ。


堂々第一位はコレでした!
エスター




外国のホラーって結局やりすぎて最後コメディみたいになっちゃうし、
邦画のホラーってリアル過ぎて家でシャンプーとか戸棚開けるの本気で怖くなっちゃうし。
でもそうじゃなくって、映画観てる間、ほんとこれこわー!!って浸りたくて
しかし終わったらきちんと現実に戻ってくることができるのがいいっ。
でもそういう映画ってなかなか少ないですよね。
これはまさにその欲求を満たしてくれました。
他にもそういう映画あったら教えてください!切実に!
これは幽霊とかじゃないから余計に恐ろしかった。。。
この子役が本当に末恐ろしいです。こんなに上手いってどういうことなの!



猿の惑星ジェネシスが公開されているので、あわよくばみにいきたいなーって
思っています。そのためにちゃんと順番に見ないとね!と思って
ここまで見ました。
猿の惑星
続・猿の惑星
新・猿の惑星
猿の惑星 征服





Amazonの画像は、一作目のジャケットがまさかのネタバレでしたので
DVDBOXを貼りました。レビューも多かったので。
結果、第一作目と第三作目が面白かった。
CGのショボさは否めないもののそんなことどうでも良くなるほど
密度の濃い物語!特殊メイクもすごいしねぇ~
第一作目のラストなんて、40年前にしたら本当に驚愕でしょう!
第三作目では少し矛盾したところが出てきてはいたものの・・
やはりラストではうならされました。
ここまで風刺が聞いていて、切ない物語、そしてアッサリしている。
こういうのここ最近は見ていない気がします。
あと二つ、見ちゃいたいな。

ワッホーイ!ティム・バートン節炸裂!
スウィーニー・トッド




ミュージカルと聞いて敬遠していましたがこれ良かったわー!
かなり血しぶき飛ぶので、お子様には見せないでネっ(笑)
人がかなり亡くなってしまいますが、それを物語と割り切れない方には絶対おすすめしない。
ヘレナ・ボタム・カーターの不気味さ。ずっとモノクロなのに妄想での不自然なカラー。
エゴイズムの渦。ナイトメア・ビフォア・クリスマスがすきーって感じの人が
見たらグロくてびっくりするかもしれませんがティムの世界ってこんなんだ、実際。
はー。ジョニー・デップはきちんとした服着てても白塗りでも人殺しでも
どうしてこんなに美しいのかしらと改めて思いました。(笑)
皆の愛憎が渦巻いて、それを積み木のように積み重ねてゆく。
必ず頂上に行きつくと分かっているのに、積み上げるのをやめられない。
その積み木を積み始めた瞬間から許されざる罪に手を染めていると気付きながら。
そして最後の一つが積みあがった瞬間、すべてが崩れ去ったラスト。
私はとっても良かったと思います。あのおわりしか、ないんです。



えっ!!ミニチュアなの!
月に囚われた男




ものすごく低予算で作られたらしい本作・・・
宇宙のシーンがいい意味で懐かしい、少し昔のSFチックですが
CGじゃなくってミニチュアだったのね!全然気づきませんでした。
これも人間のエゴイズムが引き起こしたとても切ない物語でした。
波がありません、静かにこんこんと進んでゆく物語と少しずつ分かってゆく未来。
その静けさが月で彼を見守っているような気にさえなります。
良かったよーとっても。主演の彼の演技がまた秀逸ですな・・・・
もう世界のビジネスの最先端を行くのは日本企業じゃなく韓国という
イメージだっていうのも宇宙船のハングル文字で分かって
それはまあ日本人として、切なかった。(笑)


これ以下はちょっぴり期待外れだったもの。

ローズ・イン・タイドランド




この世界観にちょっとついていけませんでした。(笑)
いつも拝見させていただいている映画ブログの方と同じように
「えっ!これ、やばいっすよね!」の連呼でした、頭の中で(笑)
少女が妖艶過ぎる!!!!でも本来の童話ってこういう禁忌だらけなのだろうと思うのです。
でも不気味さにトリップしたいあなたはぜひ。
悪夢にまとわりつかれるように、数日引きずります。
後味は良くないんだけどね、忘れた頃にまた手に取ってしまいそうな不思議な話。


ホルテンさんの初めての冒険




これは映画自体とってもいいんだと思うんだけど、もうちょっと年が上になってから
のほうが面白いだろうなって思った。
まさに定年を迎える直前の人だとか。
気付かないうちに人は色んなものに固執していってしまうわけだけれど
そこから一歩踏み出すのって年を取るほどちょっと難しくなっちゃう。
ホルテンさんはあるきっかけからほんの少しずつ毎日が変わっていくんです。
静かで、出てくるまちなみや人たちも可愛くて、とっても暖かな映画でした。
定宿のおばあちゃんがすごく可愛かった^^
そして雪景色が故郷を思い出させます。北欧って北海道と似ているのかもな。

あと・・・ガリバー旅行記も観たんですけど・・・子どもだましすぎで
あんま面白くなかったー。(笑)
5歳~6歳くらいならまだちょっと騙せる?くらい。(笑)
映像は良かったけどかなり浅かったなぁ・・・・・(笑)


でも平均してとても不気味で不思議な世界にトリップできる作品が
多かったので満足です。ごちそうさまでした。(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画